注文住宅のキーポイント~収納編~

新しく自分たちの家を持つ。新しい新居を建てる。

人生の中で大きなターニングポイントにもなる家づくり。新しい家を建てることで、新たな希望や夢が膨らんできます。ですが建ててからこんなはずじゃなかったと後悔したくはないものです。住宅建築の中で重視したいポイントをあげると、間取りだったり、デザインだったりいろいろと浮かびますが、注意してほしい部分は「収納」です。長い時間を過ごす空間として、有効的な場所として機能するのに、収納は大きな役割を持っています。今回は家づくりのポイントとして、収納に着目し解説します。ただ大きな空間があればいいのではないのです。使いやすく、便利な収納について考えてきましょう。

生活を助ける収納とは

収納とはただ空間ではなく広さも使い勝手の部分は、ご家庭ごとの生活スタイルや家族構成によっても大きく変化する空間です。生活していく中で変化や追加をしていく収納もあれば、最初からしっかりと組み込んでいきたい収納もあります。ですが収納はただ広さがあるだけ、数があるだけでは機能しません。一般の部屋と違い、収納として作ってしまい不要となった場合、他のスペースに代用するのはとても難しいのです。ここでは長く住む家を快適に!「生活を助ける収納とは」に注目して解説していきましょう。

自分たちに必要な量を計算してみよう

一般的な一戸建ての場合の収納率は、約12から13%と言われています。長い生活を快適に考えるのであれば、新居では居室スペースと収納スペースをしっかりと構えたいものです。そのためにはいったい今の住まいにはどの位収納として使っているのか、そして足りないと思われる量はどの位なのか。把握することは大切です。そして収納の量には計算できる方法があります。それは下の計算式を使用します。

収納率 = 収納スペース面積 ÷ 総床面積 × 100

もちろん量もスペースも大切ですが、自分たちに合う形や機能も大切なポイントになります。今までの生活で収納に対して困っている人は、プランを立てる際などに住まいの専門家に相談することも重要です。今まで培ってきたノウハウや経験をしっかりと活かして、希望の光を照らしてくれます。

広さや数だけでなく、生活内での使い心地が重要

物が収まりきらない。という悩みのある方であれば「もっと広さがあれば」「数が足りない」など、感じている方もいらっしゃるでしょう。もちろん広さや数は大切な部分ではありますが、一番気にかけてほしい部分は、「その収納は自分にとって使い勝手が良いのか」という部分です。片付けるという行為には、いろいろな方法があります。ある人は、ハンガーなどにかける片付け方をする方、ひとつひとつ収納場所が決まっていないと落ち着かない方など、それこそ人それぞれです。自分の片付けに合う方法、使い勝手のいい方法を重視することも大切です。

新しい生活は、自分たちを見直すチャンス

新しい環境になることで、今度はいつもきれいにスッキリとした空間を目指したいと心に誓う人もいらっしゃいます。新しい生活は自分たちの今までを見直すチャンスでもあります。ひとつは「断捨離」です。荷物が多くて困っている場合、本当にこの荷物は必要なのかという部分を新しい生活を始める前に判断しましょう。数か月、年単位で使用していない物は、判断材料になります。そして新居の間取りの中に、動きやすい動線を考慮した収納をプラスしてみましょう。靴が多いご家庭なら多機能を組み込んだシューズクローク。お出かけなどにいつも使用するコートは部屋でなく玄関付近に収納場所を設置することにより、部屋の中に外でついたほこりや花粉なども持ち込まずにすみます。日常的に使う物は使う場所の近くに収納場所を作るだけでも、今までの行動パターンの見直しによって、新たな便利さが表れます。収納スペースは、自分たちの生活スタイルに合わせてカスタマイズが可能なのです。使用したものをあるべき場所に簡単に収納できる。これだけで気持ちのいい、快適性のアップした空間につながるのです。

あればいいものではないのです

収納スペースは生活の中でも間取りと同様に大切な空間です。実際に新居を建てた人でも満足している人は、約6割と言われています。その中でも「収納の広さはあるのだが、入り口が狭く入れたいものが入らない」という意見も多くあるようです。せっかく自分たちに合う収納スペースを用意できるのであれば、入り口の広さも視野に入れるだけでも使い勝手はアップします。またこの荷物を入れようと決まっている場合、しっかりと荷物の大きさを組み入れて収納を設置しましょう。この入り口の広さは収納だけではありません。せっかく購入した家具や家電が入らない・入れるのに苦労したなどの意見も多く聞かれます。そしてもう一つ工夫してもらいたいのが、「収納の照明の追加やコンセントの追加」です。収納はどうしても窓などを大きく設置していない場所も多いのが現状です。暗いということは出し入れする時も不便ですし、細かい部分まで目が行き届かない場合も多いです。後から欲しかったとなる前に、収納の利用頻度や広さなどを含め検討してみましょう。

おすすめの収納チョイス

いろいろな収納がある中で、注文住宅だからできる!おすすめする収納スペースをご紹介します。その中でも気をつけてほしいポイントは「奥行きや広さも大事だけれど、使いやすい奥行きの選択」です。収納スペースでありがちな失敗例が、奥にありすぎて取り出しづらいことです。後悔しやすいポイントを考えながら、あなたの収納をセレクトしてください。

見せながら収納する「壁面収納」

せっかくの注文住宅なのであれば、壁面収納はおすすめです。お片付けが苦手な人でも、見える部分だから片付けなくてはという意識変化も期待できます。

ママの大きな味方になる「パントリー収納」

キッチンで使用するものとは、結構種類や数が多くなりがちです。ですからキッチンには、パントリー(食品保存庫)がおすすめです。キッチンで使用する調味料や根菜類、乾物、お米、頂き物に至るまで、しっかりと収納できます。そしてそこで気をつけたいのは、広さと奥行きです。パントリーに関しては、食品など期限の決まっている物も多いので、奥で取り出しづらいや使用できずに期限が過ぎてしまったなどが発生しがちです。奥行きを制限することで、未然に防ぐこともできます。

案外多くなる「浴室や洗濯機廻りの収納」

思ったより収納する用品が多いのが、浴室や洗面台、洗濯機周りの空間です。洗い立てのタオルの収納場所から、洗剤などの収納など幅広く使用できます。

ちょっとした工夫で快適に

注文住宅の場合自分たちに合った収納をセレクトすることも可能ですが、建ててしまってからでも収納力を高めることも可能です。そんな時には「可動収納やユニット収納」が有効です。最初の計画より変化してしまった家族構成やライフスタイルの変化も対応が可能です。収納力をアップさせるだけでなく、不必要になった場合でも対応できる部分が魅力のひとつです。そして収納の方法には、ハンガーがメインのハンガー派の方もいれば、収納容器にしまう引き出し派など、さまざまです。その収納の用品のセレクトも大きく収納力を変化させます。できるだけシンプルで使いやすく、同じ形のものを購入することもおすすめです。見える収納部分であればまた違った見方になりますが、見えない部分は同形状や同じ種類の収納用品を使用するだけでも、見た目もスッキリします。

住まいのお困りを助っ人するのも、私たちの役目です

新しい環境になるといことは、不明や部分や不安な部分も多くあります。そして日頃、日常の中で困っている部分も、生活をしていれば発生してきます。エトバスノイエスは住宅の専門家です。日頃感じているお困りも解決できるノウハウや経験を駆使して、あなたの生活を豊かにすることも私たちの大きな役割です。ぜひ一度相談してみませんか。エトバスノイエスではこのように一歩ずつ夢の完成をお手伝いしています。

エトバスノイエスは土地有効活用・不動産売買・仲介も扱っている会社です。でも基本は、お客様の「夢」、「思い」を形に。をコンセプトにしている設計事務所です。知識や経験・ノウハウでサポートします。ぜひ一度あなたの声を聞かせてください。その想いをかたちにしてみませんか。

(株)エトバスノイエス URL:http://etwas.co.jp/

住所:埼玉県川口市中青木1-4-8-109  tel:048-256-0501

———————————————————————————————————

埼玉県・東京都・千葉県・神奈川県・茨城県・栃木県・群馬県など土地活用

でお困りの際は、お気軽にエトバスノイエスへご相談ください。

お客様の「夢」、「思い」を形に。をコンセプトにしている設計事務所です。

建築設計事務所ならではの提案や15坪からの土地有効活用など、

土地活用の提案も得意としています。

一級建築士・宅地建物取引士・ファインシャルプランナー・賃貸不動産

経営管理士など、様々な資格の知識から皆様の思いを形にしています。

———————————————————————————————————