狭小住宅で平屋は建てられるのか

いつかは自分たちの住処を、車のように出来あいの商品を買うのではなく建てたい。

これは誰しもが思うことかもしれません。しかし住宅の建築は、自分たちの想いだけではままならない場合も多くあります。それが利便性の高い立地だった場合、土地の入手などの問題も絡んでくるからです。

その中でもこれから長い人生を共に歩むパートナーとして住宅を考えた時、老後・・・足腰が不自由になっても暮らせる我が家にしたいと考えている方も多いでしょう。段差もなくバリアフリー住宅にもしやすい平屋に憧れを感じる方も多いのではないでしょうか。

今回は平屋に注目し、平屋を建てるには土地の広さとどう関係しているのかを解説していきましょう。住宅選びの新たなバリエーションが増えるかもしれません。

平屋の利点とは

一般的に狭小住宅とは、約15坪(50m²)以下の土地に建てられた狭く小さな住宅のことを表現しています。特に人口の密集した地区では、利便性が高いことから地価も高い傾向になります。しかし狭い土地や変形の土地の場合、比較的安めの地価で売りに出されていることもあります。

※ 狭小住宅については下のコラムで解説しています。

狭小住宅の魅力とは

このように15坪の平屋住宅の場合、広さ的には畳の枚数で約30畳(49.6㎡)の広さになります。家を建てる際に土地から購入する場合、建物の他に土地の費用が加算されます。それが利便性も高く立地が良い地域の場合、金額も多くなるのは予想されます。確かにゆとりのある大空間というスペースにはなりませんが、住宅の可能性は工夫によって無限大です。坪数が少ないからこそコストを抑えられる可能性も上がり、家事動線や生活動線を高めることで快適な生活が実現できます。

また通常の住宅で二階への移動へ使われている階段というスペースは、思ったより間取りの面積を取っています。平屋住宅の場合、その階段スペースを自由に使うことができます。そして現実問題として階段の配置場所によって諦めてしまう間取りもあるのです。自分たちの理想をプランニングできるのも平屋住宅ならではです。

そして平屋が持つ住宅の最大の利点は、ライフスタイルの変化にも臨機応変に対応でき、いつか必要となるかもしれないバリアフリーにも対応できる部分です。家族との距離も近く、コミュニケーションが円滑にできる狭小平屋住宅の魅力にせまってみましょう。

狭小住宅の魅力を知ろう

家は大きいから良い家ということではありません。狭小住宅には狭小住宅の持ち味があります。狭小住宅でも、作り方やアイデアによって、空間を最大限利用することも可能です。ここでは狭小住宅の魅力を解説します。

チェックポイント1 空間の利用は間取りのアイデアで決まる

狭小住宅は狭い敷地に住宅が建っています。そのためどうしても敷地の広さの関係から、横への規制が出てきてしまいます。横に制限が出てしまうなら、うまく縦の空間を使うことが有効的です。それこそ間取りへの工夫。間取りへのアイデアが命になります。

日本の住宅は日本人の性質の部分も関係しているのかもしれませんが、空間と空間を壁などで仕切る住宅が目立ちます。プライバシーの観点からも壁などは必要ではありますが、多すぎる壁は開放感を失わせてしまいます。できるだけ壁で区切らずに空間を共有することで、広がりを感じることができます。

KANAEL住まいるは15坪からの土地活用も得意にしている建築設計事務所です。狭いからこそ活かせる、設計士だからこそアドバイスができるノウハウも持ち合わせています。良い家にするためのポイントは、どんな会社をパートナーに選ぶのかも、大きく左右するのです。

チェックポイント2 家事動線・生活動線をこだわることで家事の負担を軽減する

間取りを工夫することももちろんですが、そこに有効的な家事動線・生活動線を用いることで、移動の少ない魅力的な家づくりも可能です。家事は毎日のことで、日々の負担が積み重なってきます。ただ移動するだけでなく、重い荷物を運んだり洗濯物を持って移動したりと体力が必要なのです。

狭小住宅で平屋住宅にすることで、家事の負担になる段差も最小限に抑えられます。負担の軽減=家事の時短化にもつながってくるのです。

チェックポイント3 家族と笑いながら過ごせる空間を

単身の方の住宅ならば別ですが、マイホームとは家族と過ごす特別な空間なのではないでしょうか。狭小住宅の場合家族との心の距離も近くなる、コミュニケーションが密になる住宅です。子どもたちの成長もずっと近くで感じられるお家。そんな空間は理想的です。

狭小住宅で平屋は可能なのか

15坪程度、広さ的には畳の枚数で約30畳(49.6㎡)くらいの土地に、平屋は可能なのだろうか。無理なのでは。と感じている人もいるでしょう。空間の作り方や使用の仕方によっては、可能なのです。

見た目は平屋のように見える使い方も

横への規制がかかりやすい狭小住宅ですが、その分縦をうまく活用することで平屋住宅は可能です。例えば中二階のようなデザインやロフトをうまく活用することで、快適な平屋を演出できます。

家のデットスペースの有効活用の方法として、ロフトでの使い方があります。ロフトの作り方によっては、収納や書斎、子ども部屋、寝室など、使い方も自由です。ロフトにも基準があり、天井を取り払い屋根裏部分を利用するので建築基準法を遵守しなければいけません。その基準としては、1.4メートル以下の天井高であること。面積はロフト部分直下階の8分の1までになること。ロフトへの昇降手段であるはしごは固定されていてはならないなどがあります。この規定をクリアしたスペースがロフトとして使用できます。

建築基準法を遵守さえしていれば、ロフトは階数に含まれません。住宅の階数は家の維持費である固定資産税などの税金面にも大きく関係してきます。住宅部分の固定資産税は、延べ床面積を基準にさまざまな項目から算出されます。その点狭小住宅+平屋という住宅は、ロフトという選択種も選べ、税金面でもメリットを運んでくれるのです。

長く住む我が家で大切なことは

長く住む我が家として大切なポイントは、使いやすい間取りと空間であること。メンテナンスなどの維持管理がしやすい住宅であることが大切です。そして近年では若い年代や子育て世代の方にも平屋が注目されているのです。

子育て世代のご家庭の場合、子どもたちの成長によっても家における危険な場所は変わってきます。大人にとっては何気ない段差や階段など、小さな子どもたちにとっては大きな事故やけがにつながってしまう危険性があります。その点平屋住宅の場合、その危険個所を最低限におさえることが可能です。段差も少ない平屋住宅という特徴を生かして、将来年を重ね段差がつらくなってからでも安心して生活できます。

安心して暮らし続けられる住宅は、長く安全に住み続けられる住宅のニーズに答えられるロングライフスタイルを過ごせる平屋が今、注目されているのです。

KANAEL住まいるでは

当社KANAEL住まいるでは下のような工程をふみ、住宅を建築しています。安心して過ごせる住宅を提供するために、お客様の声と想いを一番に考えています。

各建築会社により流れも、どこから予算が発生するのかも違ってきます。どういう工程で進むのかも重要ですが、流れと一緒に金額の説明もしっかりと行ってくれる会社を選ぶことも重要です。聞いていないなどは、後々トラブルにつながりかねません。

 

KANAEL住まいるは土地有効活用・不動産売買・仲介も扱っている会社です。でも基本は、お客様の「夢」、「思い」を形に。をコンセプトにしている建築設計事務所です。今まで培ってきた知識や経験・ノウハウでサポートします。ぜひ一度あなたの声を聞かせてください。その想いをカタチにしてみませんか。

KANAEL住まいる URL:http://etwas.co.jp/

住所:埼玉県川口市中青木1-4-8-109  tel:048-256-0501

———————————————————————————————————

埼玉県・東京都・千葉県・神奈川県・茨城県・栃木県・群馬県など土地活用

でお困りの際は、お気軽にKANAEL住まいるへご相談ください。

お客様の「夢」、「思い」を形に。をコンセプトにしている設計事務所です。

建築設計事務所ならではの提案や15坪からの土地有効活用など、

土地活用の提案も得意としています。

一級建築士・宅地建物取引士・ファインシャルプランナー・賃貸不動産

経営管理士など、様々な資格の知識から皆様の思いを形にしています。

———————————————————————————————————