狭小住宅の魅力とは

島国の日本にとっては、住宅などに使用できる土地などは他の国より制限がかかってしまいます。その多くが山に囲まれ、実際に使用できるとされている土地は、全体の約30%だそうです。そういう部分から考えても、どうしても日本の家屋が狭くなりがちな部分は否めないのかもしれません。ですが細やかな心遣いや今あるものを最大限に活用するバイタリティなど、こういう部分で日本人の気質が発揮されているのではないでしょうか。今回は狭小住宅の魅力に注目し、解説していきます。その中でうまく土地を利用し、活用している人も多くいます。マイホームなど個人のものだけでなく、土地の広さや建物の広さに関しては、土地の有効活用を考えている人であれば、少なからず障害になる部分もあります。そこでまず押えておきたいポイントをしっかりと把握し、その上でどう活用するべきか。近年需要の高まりつつある狭小住宅なども土地活用の方法の視野に入れつつ、狭小地を所有しているオーナーが進むべき方向性など、さまざまな部分が見えてくるのです。

狭小住宅が建つ土地とは?

狭小住宅が建つ土地ということで、狭そうな土地なんだろうとは感じると思います。では狭小住宅が主に建っている土地には、どのような傾向があるのでしょうか。解説していきましょう。

まず住宅密集部などでは、利便性の高さやほかの観点からも需要が高いのはご存知の部分でしょう。日常生活する上で、通勤や通学などでの公共交通機関の充実や、買い物や病院などの活用のしやすさなど、利便性の高さは重要な部分です。ですがそのような場合の土地は、大型で整った整地された土地というものは、容易に出てくるものではありません。ですがどうしてもその場所に住みたいと考えた場合、狭小地・変形敷地(変型地)・旗竿地という形状の土地が着目されてくるのです。確かに整地された土地が使いやすいのは明白ですが、大切なポイントとしてあげられることは、自分の活用しようと思っている土地が「どの様な土地なのか」をまず、把握することです。ここではいろいろな土地の形状を解説していきます。

狭小地とは

実際に明確な基準があるわけではありませんが、一般的には約15坪か20坪以下の土地が「狭小地」と呼ばれています。近隣に立ち並ぶ建物や、他のあらゆる条件から狭小地になっていった状況を推測した場合、主に購入できる形状的には三角形や台形など、さまざまな形状となっており、整地されている土地に比べ使いにくい場合とされる場合が多い土地です。

変形敷地(変形地)とは

主に整地された土地の形状としては、正方形や長辺・短辺の差が少ない長方形などになっています。いわゆるこのような敷地を、「整形地」と表現しています。逆に三角形などを含め多辺で構成されている敷地や、傾斜地、極端に細長い敷地などを、変形敷地(変形地)と表現します。また旗竿地と呼ばれる敷地も、変形敷地のひとつになります。一般的な解釈では、形状がさまざまな形になっている部分から、一般的な規格住宅などの建築関係には不向きとされています。それは土地形状に入りきらない、または使い勝手が悪くなる場合があるからです。その原因をものともしないのが注文住宅です。注文住宅であれば、その土地に合わせて間取りなどを変更もできますし、土地と建物の専門家の経験やノウハウなど、行かせる部分は多くあります。

変形敷地の一つ 旗竿地(はたざおち)とは

変形敷地の中のひとつに旗竿地という形状の敷地があります。この旗竿地の形状は右の図のように、上から見ると土地の形が旗竿状に見えるためそう呼ばれています。またの名を敷延(しきえん)とも表現します。一言で狭小地と表してもいろいろな形状、周りとの関係性によっても大きく変化してきます。狭い土地、使い勝手が悪そうな土地だからといって、諦めてしまえばそこでおしまいなのです。そこをどう活かしていくのかが重要なのです。

狭小住宅とは何?

狭小地などに多く建てられる狭小住宅ですが、どういう基準で狭小住宅と表現されているのでしょうか。狭小住宅について解説していきましょう。一般的に狭小住宅とは、約15坪(50m²)以下の土地に建てられた狭く小さな住宅のことを表現しています。人口の密集した地区では、利便性が高い部分から地価も高い傾向になります。ですが狭い土地や変形の土地の場合、比較的安めの地価で売りに出されていることもあります。そして何より限られた敷地を活かす方法として、垂直方向への活用や地下室などを作り生活スペースの幅を増やす。またスキップフロアなど、1階と2階の間に「中2階」を設けることにより、さらに床面積を増やすという設計方法など、今はさまざまな活用方法があります。今までは見逃されていた都心部のデッドスペースを活かし、さらに自分らしく・暮らしやすく・利便性のよい住宅を作ることこそが、狭小住宅の魅力と醍醐味です。

狭小住宅のメリットを探ってみよう

狭小住宅というと土地の狭さに気を取られてしまいますが、しっかりとそれをカバーできるだけのメリットも存在します。ここでは狭小住宅のメリットに迫ってみましょう。

メリット① 利便性の高い土地

やっぱり一番のメリットは、立地の良さによる利便性の高さでしょう。利便性の良い立地の場合、どうしても土地の価格は高くなってしまいます。ですが面積が抑えられている分、今までだったら諦めてしまう立地でも、マイホームが建てられるかもしれません。

メリット② 税金面・生活コスト面での削減

土地面積が少ない分、固定資産税や都市計画税などの税金での恩恵や日常かかる光熱費などの費用も抑えることが可能です。例えば公共交通機関が発達していれば、「脱自家用車」も可能です。駐車場分は他の空間へ利用することも可能ですし、もし車が必要な場合でも、カーシェアリングなどを活用する方法など、日々の生活にかかる費用も抑えることさえ可能です。

 

デメリットをから、狭小住宅の良さをさらに

狭小住宅のデメリットをあげるとするならば、

① 垂直部の空間利用により、階数が増え昇り降りに支障が出る。

② 高さが高くなるにつれて、耐震性など安全面での強化が必要。

③ 敷地いっぱいの活用により、近隣との距離が近くなる。

大きくこの3つでしょう。

①の場合、特に年齢を重ね、足腰などに支障が出てきた場合、階段での移動が多い狭小住宅は、ネックになる場合もあります。後から設置する場合、構造などの観点から設置できないという可能性も高くなります。あらかじめもし設置してもいいように、配慮を加えておくのもひとつの方法です。

②の場合、地震などの災害の多い日本に住むのであれば、万が一に対しての対策に取りすぎというものはありません。デメリットととらえるのではなく、大切な家族・そして財産を守るきっかけとして、安全面での強化を行いましょう。

③の場合、近隣トラブルのきっかけのひとつとして「騒音問題」があります。敷地の使用できる最大限を活用するため、どうしても隣家との距離も近くなりがちですが、外壁の素材を防音性の高いものを使用したり、建てる前の対策であればいくらでも打つことができます。

デメリットをマイナスととらえるのか、デメリットをであるマイナス部分をフラットに対策するのか。どちらでも選択できるのです。メリットはもちろん、デメリットを把握することこそ、さまざまな部分で活用の可能性がアップするのです。

住まいのこと・土地活用のこと 何でもご相談ください

当社、KANAEL住まいるは住宅の専門家です。そして土地活用も得意としている会社です。日頃感じているお困りも解決できるノウハウや経験を駆使して、あなたの生活を豊かにすることも私たちの大きな役割です。ぜひ一度相談してみませんか。KANAEL住まいるではこのように一歩ずつ夢の完成をお手伝いしています。

KANAEL住まいるは土地有効活用・不動産売買・仲介も扱っている会社です。でも基本は、お客様の「夢」、「思い」を形に。をコンセプトにしている設計事務所です。知識や経験・ノウハウでサポートします。ぜひ一度あなたの声を聞かせてください。その想いをかたちにしてみませんか。

KANAEL住まいる URL:http://etwas.co.jp/

住所:埼玉県川口市中青木1-4-8-109  tel:048-256-0501

———————————————————————————————————

埼玉県・東京都・千葉県・神奈川県・茨城県・栃木県・群馬県など土地活用

でお困りの際は、お気軽にKANAEL住まいるへご相談ください。

お客様の「夢」、「思い」を形に。をコンセプトにしている設計事務所です。

建築設計事務所ならではの提案や15坪からの土地有効活用など、

土地活用の提案も得意としています。

一級建築士・宅地建物取引士・ファインシャルプランナー・賃貸不動産

経営管理士など、様々な資格の知識から皆様の思いを形にしています。

———————————————————————————————————