田舎での土地活用の方法を紹介!

同じ土地活用と一言で表しても、活用方法が幾通りもあるように、立地条件などによってもかなり活用方法は違ってきます。そして都会と田舎では、周辺による借りるなどの需要も現実的に差が出てしまいます。ですから、「こんな田舎じゃ活用なんかできっこない」と最初から土地活用を諦めてしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ですがそのような土地だからこその使用方法や、気をつけたいポイントなどが実際は存在しています。いろいろなアンテナを伸ばしながら、多方面からの土地活用のアプローチを考えてみましょう。

田舎での土地活用で気をつけたいこと

周りの環境も豊かで、広い土地を提供しやすい環境ではありますが、田舎には田舎ならではの気をつけなければいけないポイントも潜んでいます。ここでは田舎での土地活用で気をつけたいポイントをまとめてみましょう。

都会では田舎よりも人が多く、そしてその多くの人が快適に生活していくためには、いくつもの課題が存在します。人の多い都市であるほど、乱開発の可能性も高くなり規制をかけて計画的に街づくりをしていく必要性が高まる訳です。なのでより良い暮らしを営むために、都市に対して土地利用の規制をかけている法律が「都市計画法」になります。都市計画法という規制の下、用途地域が定められている場合もあります。

そして基本的な田舎の地域では、農業など実りや敷地の広さを活かした産業が盛んです。じゃあ田舎の土地には関係ないと思われるでしょうが、田舎でもしっかりと規制が存在しています。そのため農地や自然を守る法律が定められている存在があり、土地活用をしようと思っても土地を活用できないという場合があるのです。代表的な規制としては「都市計画法」の中の「市街化調整区域」という土地の厳しい利用規制があります。市街化調整区域は、農地を守るため街づくりを抑制する規制になっています。なので基本的には建物を建てることが原則できないことになっています。建物が建てられない=土地活用としては、建物を必要としない駐車場等の使用貸借などの活用が中心となる可能性もあります。その他にも田舎には土地の利用を規制する法律が多いのが現実です。例えば農地法や宅地造成等規制法、急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律など様々です。このような法律に規制されている可能性もあるんだという事実を、認識しておく事は土地活用をする上で重要です。活用を考える前に、自分の土地がどのような法律の規制を受けているのか確認する必要性があります。個人で悩んでも解決しない時はあるのです。そんな時には遠慮せずに専門家やパートナーに相談する事も方法のひとつです。失敗のない土地活用にするためにも、積極的にドンドン相談してみましょう。自分では気づかない方法が見つかる場合もあります。

田舎の土地活用と比較、都会の土地活用にはどんなものがある?

田舎には田舎の良さがあるように、都会には都会ならではの土地活用もあります。ここでは都会での土地活用にはどんな種類があるのか考えてみましょう。

  1. 賃貸アパート・マンション経営:土地上に賃貸アパートやマンションを建てて、それを賃借人に貸し出す土地活用方法
  2. 賃貸併用住宅:土地上に建物を建設し、一部を賃貸、一部を自宅として使用する方法
  3. オフィス・商業施設経営:土地上にオフィスや商業施設の物件を建築し賃料を得る土地活用方法
  4. 医療・介護用施設経営:関係事業者と提携をして、施設を経営する方法
  5. 駐車場経営:造成して駐車区画割りをし、駐車場として賃貸する方法
  6. トランクルーム:倉庫の施設や建物内を区切り、トランクルームとして賃貸する方法

上の土地活用も活用方法の一例です。需要も多く人が集まるような施設や賃貸経営などの部分での土地活用も目立ちます。そして駐車場経営などは初期投資も少なく済み人気の高い土地活用です。同じ土地活用でもその土地を活用している間の目的によっても、変化してきます。土地活用の目的としては、収益性を重視したい、収益よりリスクの低い土地活用を目指したい、期間を決めた活用をしたい、現在負担になっている相続税を節税したいなど様々です。

田舎のいらない土地、使わない農地はお金になる

実際都会とは違った土地活用となる場合も多い田舎での土地活用ですが、国や行政の方でもいろいろな支援を始めている地域もあります。人口が少なくなっている現状を変えようと、支援を手厚くしている自治体もあります。地方都市では空き地に関して問題意識を持っている自治体も多いのが現状です。そのような動きがある中で、土地活用を始めたいと思っている管轄の自治体がおこなっている支援を調べる事もひとつのポイントです。田舎の地域は電車やバスなどの公共での乗り物は充実していない側面もありますが、その分車社会の側面も持っています。都会で人にもまれながらの電車で30分と、時間に合わせて出発できる!自家用車での30分では疲れ方が全然違います。快適に移動ができる部分も、良いアクセスと考える事は可能なのではないでしょうか。田舎でも主要部へのアクセスが良いエリアは活用方法もふくらみます。

●豊かな自然の中で暮らしてみたい!そんな希望に応えることも

アクセスによっては上のように考えている方々に向けて、戸建て賃貸住宅の可能性もあります。いつも住んでいる田舎の人には見慣れた景色でも、都会の人にとっては魅力的に感じる場合もあります。いつも見慣れているからこそ、気づかない部分もあるのです。そして子育て支援など、都会よりも手厚い環境が整えられている自治体もあります。また、その地区で住宅を探す方法も、空き家バンク(※)を整備しているなど、力を入れている自治体もあります。のびのびと子育てしたい、土と触れ合いながら生活してみたい、プライベートを楽しむ環境に住みたいなど、今までできなかったことができるようになる!田舎にはそんな魅力も兼ね備えているのです。豊かな自然に囲まれた場所での土地活用を考えるならば、現在行われている自治体の支援も検討材料に含めながら、戸建て賃貸住宅を検討してみる価値がありそうです。見慣れた今ある物をいかにアピールできるのかが重要です。

※空き家バンクとは:自治体が運営している住宅マッチングシステムです。売り手と買い手をつないでくれます。

地域に合った、自分に合った土地活用方法を

今回は田舎での土地活用での気をつけたいポイントや、都会と田舎での活用方法の違いなどをまとめてきました。都会には都会の特徴が、田舎には田舎にしかない魅力があります。その地域に合った、自分に合った土地活用があります。自分ではどうしようもなくなった時、有効的な場所に相談する事で検討する方向性が見えたり、新しい発見が見つかったり。新しい道が見つかる事もあります。最初から諦めてしまっては可能性が消えてしまします。まずは一歩踏み出してみましょう。そんな風に土地活用に迷った時は、ぜひエトバスノイエスへご相談ください。設計事務所なので建物のプランや提案はもちろんですが、土地活用も得意としています。特に「15坪からの土地有効活用」など土地活用は狭小地を、より有効に活用できるよう提案しております。ぜひ可能性を諦めず、お気軽にお声がけください。一級建築士・宅地建物取引士・ファインシャルプランナー・賃貸不動産経営管理士などの、幅広い知識でサポートします。あなたの土地の活用法を一緒に考えてみませんか。

 

(株)エトバスノイエス URL:http://etwas.co.jp/

住所:埼玉県川口市中青木1-4-8-109  tel:048-256-0501

 

———————————————————————————————————

埼玉県・東京都・千葉県・神奈川県・茨城県・栃木県・群馬県など土地活用

でお困りの際は、お気軽にエトバスノイエスへご相談ください。

お客様の「夢」、「思い」を形に。をコンセプトにしている設計事務所です。

建築設計事務所ならではの提案や15坪からの土地有効活用など、

土地活用の提案も得意としています。

一級建築士・宅地建物取引士・ファインシャルプランナー・賃貸不動産

経営管理士など、様々な資格の知識から皆様の思いを形にしています。

———————————————————————————————————