土地活用をランキングにしてみました

更地や活用方法が見つからない土地などを持っているけれど、どうしていいかわからない。

土地だけあっても税金はかかるし、何とかして使えないのだろうか。

など土地の活用方法がなかなか決められないと困っている人も多いのではないでしょうか。今回はそんな土地を持っている方へ参考になる、土地活用をランキングにしてみました。いろいろな活用方法がありますがその中でも人気の高い土地活用を解説します。

おすすめの土地活用方法は

ひとことで土地活用と言っても、いろいろな方法や手段があります。そして利益の幅も違ってきます。まずは土地活用の基本となる「4つの活用の種類」を解説します。この基本の種類を発展したものが、いろいろな土地活用につながってきます。しっかりと基礎となる部分を認識しておきましょう。

① 売却

土地そのものを売却してしまう方法です。土地活用の中では、一番後々の面倒もない方法です。ですが売却は売ってしまえばおしまいです。その後に収益をあげ続ける可能性は完全になくなります。

② 自分で活用する

所有している土地の上に、建物や駐車場などを作り活用する方法です。自分自身で土地活用をすることで、活用方法により収益を生み出すことも可能です。建物や設備を設置するので、投資が必要な部分もありますが、友好的に使用することで可能性も広がります。

③ 土地自体を貸し出す

自分では活用をせずに、土地そのものを貸し出す方法です。賃料により収益を見込めます。

④ パートナーなどと土地活用を共同で行う

土地はあるけれど一人では資金面に難しい場合や、自分一人では知識が足らない場合など、共同で土地活用をする方法です。(等価交換や土地信託など)

と大きく分けるとこの4つになります。この4種類を発展させて展開させることで、いろいろな土地活用が可能になってきます。

人気の高い土地活用をランキング

いろいろな土地活用がある中で、いったいどんな土地活用にスポットがあてられているのでしょうか。解説していきます。

1.アパート・マンション経営

土地活用と言ったらパッと頭に浮かぶのがこのアパート・マンション経営ではないでしょうか。家賃収入としての収益が魅力的な土地活用です。初期の投資額が大きいのが特徴です。

2.戸建賃貸

自分の所有している土地に賃貸用の戸建住宅を建設し、賃貸収入を得る土地活用になります。アパートやマンションよりは土地の広さも必要ではありません。土地に建物が建つことで、税金面での削減も期待できます。

3.駐車場経営

初期投資が比較的抑えられることが特徴の駐車場経営です。コインパーキング形式や、月極駐車場形式など、周辺の需要によって方向性を決められます。

4.テナント経営

自分の所有の土地に、事務所や店舗として貸し出されるテナントを建設し、貸し出すことで収益を得る方法です。2番目に解説した戸建賃貸などと同じように建物を建てますが、住居よりシンプルなつくりになるため建築コストは抑えられます。

5.トランクルーム経営

個人だけでなく会社関係でも需要のある土地活用です。立地の関係もありますが、車での乗り入れが可能などの差別化を図ることによっても可能が広がります。

 

6.コンビニ経営

7.コインランドリー経営

8.資材置き場

9.借地

10. 貸し農園

などさまざまな土地活用があります。その土地の形状や広さ、立地などによっても変わってきますが一番大切なのは、近隣のリサーチです。需要の低い活用では、有効に使えているとは言いません。

土地活用をなぜするのだろうか

空地や更地のままではなぜいけないのか。更地や空き地のままでは、日常では気づきにくいかもしれませんが、デメリットやリスクが潜んでいます。そこでここではなぜ土地活用をするのか解説します。

デメリット① 税金の関係

土地を活用していても、更地や空き地のままにしていても、所有者には毎年固定資産税や都市計画税などの税金が課税されます。この土地はそんなに税金も高くないから・・・と思っていても、ちりも積もれば山となります。その中でも空き地に戸建住宅やアパートやマンションなどの共同住宅を建てることにより、土地の固定資産税は軽減されます。人気の高い1.2には節税対策も含まれています。

デメリット② 維持費がかかる

税金も維持費ではないのかと感じそうですが、ここでの維持費は土地を安全な状態に維持するための費用を指しています。いくら空き地や更地とはいえ、草が伸び放題という訳にもいきません。適度な感覚で除草剤を散布するなどの費用や手間がかかってきます。そして手を加えずにいると、気がついたら不法投棄をされてしまったなどという危険性も高くなります。もし不法投棄投棄をされてしまった場合、処理費用は所有者の肩にかかってきます。

デメリット③ 近隣トラブルにつながる場合も

空き地や更地を放置することにより、雑草もそうですが害虫の発生や野生動物やペットなどの排泄物などの異臭など、近隣の人からのクレームにつながる可能性もあります。そして人の目が届かないので、子供たちが入りこみケガをしたり、犯罪などに巻き込まれる可能性もあります。近隣トラブルの解決には、費用も掛かりますが一番は時間がかかります。

 

日常生活の中では気づきににくいかもしれませんが、無用なトラブルは避けたいものです。ただの土地からプラスになる土地になる。これが土地活用なのです。

土地活用の建物・・・パートナーによって変化する

土地活用では建物を建てて活用する活用方法も多くあります。ですが建物を建てる部分では一緒ですが、そのパートナーによって違いが出てきます。ここでは例えば建物を建てる専門家である、設計事務所とハウスメーカーの違いを解説します。

建物の設計の部分では

エトバスノイエスはどこそこの系列会社とか大手の関連会社とかではなく、独立系の設計事務所・宅建事務所ですので【施工利益を背負わない】・【お客様の側に立てる】・【建築の専門家】になります。独立系の設計事務所の場合、自由設計が一番の特徴です。自由設計の特徴を存分に活かし、土地の形状や、周りのニーズなどにも細かく対応ができます。そしてヒアリングなどを重ね、一歩ずつ完成に近づけるのが縛りのない独立系の設計事務所です。同じ建物でも、借り手がここに住みたい、ここでお店を開きたいなどの差別化が図れます。

ハウスメーカーももちろん建築の専門家ですが、自由設計となっていますが基本的にはいくつかのパターンの中から選ぶ「パターン化された間取り」が特徴です。また自社の仕様・工法の枠を出る事がなかなかできません。ですのでどうしても土地の形状が複雑な場合など、建築が難しいと判断される場合も考えられます。

建物の建築について

設計事務所は建物を設計することが主な業務ですから、設計事務所自体では基本的に建物を建てません。その代わり設計者が信頼を置くパートナーに、施工を委託します。ですがプランだけを提出する訳ではありません。設計者は最初から最後まで、設計図書通り施工されているかの【設計監理】を、施工者の【工事管理】とは異なるスタンスで行います。設計施工一体の会社でも設計監理部門はありますが、独立した利害関係のない立場で施主側に立って厳しい目で監理する為には【設計】と【施工】の分離が不可欠です。つまり、ひとつの会社にすべてを任せる事も【楽して安心】のようではありますが、各々の専門性における責任と相互チェックが一社の中では働きづらい事も事実です。そこでエトバスノイエスの特徴の「ワンストップショップ」が活躍します。ワンストップショップとは、そこに1度立ち寄るだけで、商品の販売から各種手続き、アフターサービスまでが一手にまかなえる「商品やサービスを総合的に揃えた店舗」を表しています。エトバスノイエスとクライアント様を中心に、いろいろな方向から支えていくスタイルです。

そしてここが大事なところですがエトバスノイエスは「ワンストップショップ」ではありますがコーディネーターとしての調整を行いますが各々の専門家とは【直接契約】をして頂き、請ける業務に対しての責任の所在を明確にします。

ハウスメーカーや大手の土地活用会社は設計から建築、はたまた一括借り上げまでをトータルで一社で契約し管理します。規格化された施工が特徴です。大きな企業体になりますので、どうしても効率化を図る部分は否めません。

ネットワーク

 

 

ひとりで悩まないで 相談するのも大切です

空き地や更地はあるけれど、なかなか相談に行く機会がなくて。相談するにもどこに行ったらいいのかわからない。などさまざまな思いがあると思います。土地を有効的に活用する場合い大切なことは、視野を狭めないことです。初めからコレ!と決めるのではなく、いろいろな方法を模索しながら、絞っていくことも大切です。

エトバスノイエスは設計事務所ですが、土地有効活用・不動産売買・仲介も扱っています。そしてファイナンシャルプランナーが在籍していますので、ライフスタイルや価値観、経済環境などから現状を分析します。初心者の方の土地活用への不安をサポートします。ぜひお気軽にご相談ください。ワンストップショップのエトバスノイエスがお手伝いします。

(株)エトバスノイエス URL:http://etwas.co.jp/

住所:埼玉県川口市中青木1-4-8-109  tel:048-256-0501

———————————————————————————————————

埼玉県・東京都・千葉県・神奈川県・茨城県・栃木県・群馬県など土地活用

でお困りの際は、お気軽にエトバスノイエスへご相談ください。

お客様の「夢」、「思い」を形に。をコンセプトにしている設計事務所です。

建築設計事務所ならではの提案や15坪からの土地有効活用など、

土地活用の提案も得意としています。

一級建築士・宅地建物取引士・ファインシャルプランナー・賃貸不動産

経営管理士など、様々な資格の知識から皆様の思いを形にしています。

———————————————————————————————————