越境樹木

今日は都内某現場の定例打合せと進捗確認。

隣地の越境樹木が二階の足場にかかり邪魔になってきたので折衝した

ところ、こちらで邪魔な枝は切り落として良いとの回答。

しかしよく見ると幹も越境しており、植木屋さん等のプロが剪定

しないと出来ないレベルの越境具合。

民法233条の【竹木の枝の切除及び根の切り取り】の条文には

こうある。

『隣地の竹木の【枝】が境界線を超える時はその竹木の所有者に

その枝を切除させる事が出来る。』

枝であって幹ではないよなあ〜。

いずれにしても竣工後も窓を開けるとこの時期枝が迫ってくるよう

では困るので潔くバッサリといってもらいたいものですが中々、

先方様も費用の事もあり樹形の事もあり簡単に結論を出してくれない。

近隣渉外対応業務は民法を頭に入れてないといけない事だらけで

文系でない自分は苦手です。