法定中間検査

本日は都内某所の現場の #法定中間検査

http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/kenchiku/kijun/kn_k06.htm

所轄エリアにより多少異なりますが概ね上記リンク通りで

審査機関の検査を受けます。

鉄筋コンクリートの場合は1階梁・二階床配筋完了時に建物配置とか

このまま上階を立ち上げて行って大丈夫かの関所チェックが

行われる訳ですがその検査体制もポイントの一つ。

今回の立会いメンツは検査員(瑕疵担保保険検査兼ねる)と設計者、

構造事務所担当、現場監督、鉄筋屋さん職長。

設計施工分離だとこれだけのチェックの目が入ります。

ここも鉄筋を組んでる最中に一度チェックをしたので少ない方です

がそれでも検査員の指摘とは別の指摘が必ず出ます。

設計施工一体で監督さんと検査員だけの現場がどのように進んでいる

か分かりませんが、市川の超高層マンションの様にスーパーゼネコン

にスーパー設計会社にスーパー設計監理体制を敷いていても鉄筋不足

が露呈する事はもありますのでチェックの目は多いに越した事は

ありません。