文化財保護法改正案

長崎老舗料亭「富貴楼」の休業、箱根の富士屋ホテルの休館

は記憶に新しいところですが、今国会で文化財保護法改正案

が通過しそうです。

『文化財』ってそもそも何?と検索すると

【歴史上、芸術上、学術上、観賞上等の観点から価値の高い有形文化財、無形文化財、民俗文化財、記念物、文化的景観、伝統的建造物群の6種類が、指定等の有無にかかわらず「文化財」に該当する】

とあります。この度の改正はその文化財の扱いを市町村に委ね、

歴史的建物などを観光に組み入れ、活用の円滑化を図る狙いや

個人の貴重な芸術コレクションを一般公開すれば相続税を猶予

するといったものなのですが、富裕層の邸宅からどんなお宝が

公開されるかも楽しみの一つですが、その地域の景色の一部と

なっている歴史的建造物も何かしら保存の為の救済措置がなされる

かと期待しています。一段落したらヘリテージマネージャーの資格

にチャレンジしてみたいと思いました。