配筋検査

本日は都内某所の基礎配筋設計監理者検査。

合わせて住宅瑕疵担保保険の第三者機関検査

も行われました。

検査機関が図面を見ながら所定のピッチや太さで

配筋されているか検査するのとその建物ごとの

注意すべき点を把握している設計者が指摘する

内容はかなり違います。

建売等の戸建とかでは設計監理者が見に行かない

事もあるようですが施工者さんは第三者機関の

配筋検査を受けているから大丈夫と胸を張ります。

でも、見に行って全く指摘無しで打設出来る現場

は経験上殆どありません。

設計施工一体のメリットも否定しませんが、設計

施工分離の大切さは配筋検査であれこれ指摘する

度に実感するのでもっと有効性を説いていければと

思った配筋検査でした。

Follow me!