壁面緑化

渋谷駅のホームから撮影した渋谷再開発の様子です。

壁面緑化が施されている様子が伺えます。

この【壁面緑化】ですが各特定行政庁にて緑化条例を

作り敷地の水平投影部分の地表に基準緑地面積が確保

されない場合、屋上緑化と合わせてよく使われる手法

です。一番の難点はその維持管理、灌水装置に剪定にと

数年後も同じようにグリーンカーテンを維持するのは

結構大変です。地表面と違いビル風がぶち当たる壁面。

先月も弊社で手がけたとあるキッチンメーカーさんの

ショールームの壁面緑化が春一番でグリーンネットの

アンカーから持っていかれて壁面から剥がれ落ちて

しまいました。

我々設計者はその求められる緑地を確保する為、

『将来的には枯れるだろうしメンテも大変だろうなあ〜』

という敷地の空き部分をせっせと【緑地】・【緑地】と

書込み条例基準をクリアさせてますが,CO2の排出量制限

の様に確保出来ない緑地面積割合に応じて負担金や分担金

で代替するシステムをもっと行政が導入してくれたら、

その予算で都が進めている電柱地中化と並行して電柱部分

に緑が植えられるという街全体の緑化に役立つと思った渋谷

のホームの一風景でした。